ここでもたまる!クレジットカードポイント

タクシーやバスでも

近年はタクシーでもクレジットカードが使えることが多くなりました。
タクシーに乗って支払いをするときに、細かいお金がなくて困ることがあります。
1万円札をだしたらお釣りがないとか、ドライバーに嫌な顔をされることもあります。
クレジットカードで支払いをすれば、そんなことは起こりません。
一万円札しかなくても、現金を全く持っていなくても、気持ちよくタクシーに乗ることが出来るでしょう。
クレジットカードを使えばポイントもたまりますのでお得です。

東京無線、日本交通、Uberなどでは、クレジットカードに対応しています。
ただクレジットカードが使えないタクシーも、あるのは確かです。
路上で捕まえたタクシーが必ずしもクレジットカードに対応しているとは限りません。
クレジットカードでポイントを貯めたい!という場合は、タクシーを呼ぶのが良いでしょう。
アプリを使えば、今はカンタンにタクシーを呼べる時代となりました。
クレジットカード決済ができるタクシー会社のアプリを入れておけば、いつでもクレジットカードで支払いができポイントを獲得することができます。

路線バスでもクレジットカードが使えたらいいのに…と思いますが、現在のところクレジットカードに対応しているバス会社はないようです。
ただSuicaやPASMOといった、交通系電子マネーが使える路線バスはあります。
電子マネーでも、クレジットカードのポイントをためることはできます。
電子マネーをクレジットカードでチャージすれば良いのです。
チャージのときにポイントを貯められるのでお得です。
チャージでのポイント還元率が高いクレジットカードを選べば、ポイントをためやすいです。
路線バスでは小銭を持っていないときは、本当に困ります。
一万円札を両替できない…といったときに、電子マネーがあると助かるでしょう。

タクシーではクレジットカードだけでなく、電子マネーを使えることも多くなりました。
電子マネーを使うときは、クレジットカードでチャージをすれば良いでしょう。
路線バスのときと同じように、チャージのたびにクレジットカードポイントをためられます。
またタクシーの場合は、iDやQUICPayといった後払い方式の電子マネーが使える場合があります。
後払いの電子マネーなら、チャージを不要で使うだけでクレジットカードのポイントを貯められます。

交通機関でクレジットカードや電子マネーが使えると、現金が不要になるので大変便利ですね。

病院や動物病院でも

クレジットカードが使えないと思われているところに、病院があります。
病院は現金払いが当たり前だと思っていはいませんか?
実はクレジットカードでの支払いができるのです。
病院のお会計のところをよく見てみましょう。
クレジットカードのステッカーが張ってあったり、クレジットカードのマークがかかれているかもしれません。
そうすればクレジットカードでの支払いが可能ということになります。
クレジットカードポイントをためるチャンスとなるでしょう。

病院にいくと、結構な請求額になることが多いです。
3割負担であっても初診料、処置料、検査料…などとなると、高い!と感じてしまいます。
自由診療となる美容クリニックなんかだと、かなり高額の請求となるでしょう。
クレジットカードで支払いをすれば、ポイントが還元されるのでお得です。
ポイントがたまることにより、治療費の節約にもつながります。

また病院でクレジットカードが使えるのは、ポイントが獲得できる以外にもメリットがあります。
病院は予期せずにかかるということも多いものです。
現金の持ち合わせがないときだったら、治療費が支払えなく困った…となってしまうでしょう。
そんなときに使いたいのがクレジットカードです。
クレジットカードは後払いができるので、現金を持っていなくても支払いをすることができます。
「お金がないから病院に行くのを控えよう」なんてやっていると、手遅れになることだってあるでしょう。
クレジットカードが使えて良かった!と思える場面です。

病院での処方箋をもらう薬局でも、クレジットカードに対応していることが多くなりました。
治療費だけでなく薬代でも、クレジットカードのポイントを貯められることになります。

そして人間の病院だけでなく、動物病院でもクレジットカードに対応していることろが多くなりました。
動物病院は人間に比べると、支払う金額が高くなります。
自由診療となるので、ちょっとの診察でも高額になってしまうんですね。
ペット保険に加入していてもいったん料金を支払って、後から支払った金額を返還してもらうという形になりますから、高額の支払いを免れることはできます。
クレジットカードが使えれば高額な現金を用意しなくても良いですし、たくさんのポイントを獲得することができるでしょう。

ただ個人経営など小規模の病院では、クレジットカードに対応していないこともまだ多いようです。
クレジットカードが使えるか、お会計で確認してみてください。

ファミレスやファーストフードでも

家族や友達などと行きやすいのが、ファミリーレストランやファーストフードです。
ここでもクレジットカードが使えると、日常的にポイントをためることができます。

ファミリーレストランでは、クレジットカードに対応しているところが多いです。
ココス、ガスト、デニーズ、びっくりドンキーなどでは、クレジットカード支払いが可能です。
クレジットカードで支払いをして、ポイントをためましょう。
ファミリーレストランはクレジットカードが使えないというイメージが強いのですが、現在は大手チェーン店であれば問題なく使えるようです。
ただどのファミレスでもクレジットカードがOKというわけではありません。
ジョイフルやサイゼリヤなどでは、クレジットカードは使えなくなっています。
しかも電子マネーにも対応しておらず、現金でしか支払いができないようです。

ファーストフードでは、マクドナルドやロッテリア、ミスタードーナツはクレジットカードが使えない、ケンタッキー・フライド・チキンやモスバーガーでは使えるとったように、店舗により違いがありました。
クレジットカードのポイントを貯めたい人は、意識的にクレジットカードOKの店舗を選択するのが良いでしょう。
ただクレジットカードが今どき使えないの?!という感は強いです。
マクドナルドではついに、2017年よりクレジットカード決済の導入を開始するとのニュースがありました。
マクドナルドでも、クレジットカードポイントをためられるようになるのです。
「ファーストフードなんてそれほど高額の支払いにならないので、現金払いでもいいよ」なんて思う人もいるかもしれません。
しかし少額でもクレジットカードを使えば、ポイントをためることはできます。
少しでもポイントを貯めたいなら、少額でもクレジットカードをつかいましょう。

そのほかはま寿司、スシロー、かっぱ寿司などの回転寿司店、CoCo壱番屋などでも、クレジットカードの利用が可能です。
クレジットカードの使える飲食店は、これからも増えてくるといえそうです。

ただクレジットカード払いが可能なチェーン店でも、店舗によりクレジットカードに対応していないということもあります。
初めて利用するところでは、現金も用意していた方が安心でしょう。
クレジットカードしか持っていないのに使えないとなると、恥ずかしい思いをしてしまいますからね。
無銭飲食の疑いをかけられないように、気を付けてください。

毎月の家賃でも

家計の支出で大きなウエイトを占めているのが、家賃ではないでしょうか。
ちょっとしたところでも月5万円くらいはしますし、20万円〜30万円と高額になる家賃もあります。
これをクレジットカードで支払いができれば、毎月多くのポイントを獲得できることになります。

クレジットカードで家賃を支払える物件も増えてきています。
大手の不動産屋が運営している物件なんかは、クレジットカードで支払えるようになっているようです。
同じような条件の物件であれば、クレジットカード支払いができる方を選ぶのが良いでしょう。
毎月クレジットカードポイントを獲得できるので、お得になります。

ただ家賃が支払える物件は、まだ少ないのが現状です。
支払いができてもクレジットカード会社が指定されていたり、クレジットカード決済時に手数料が加算されるといったこともあるようです。

家賃がクレジットカードで支払えない理由は、クレジットカードの手数料にあると言われています。
クレジットカードで支払いが行われると、加盟店はクレジットカード会社に売り上げの一部を手数料として支払わなければなりません。
手数料は5%前後となることが多くなっています。
家賃は金額が高額になるので、5%といえども手数料の金額は高くなってしまいます。
10万円だったら5,000円も支払わなければなりませんからね。
そのためクレジットカードで支払われるのはちょっと…という大家が多いのです。

ただ家賃のクレジットカード支払は、今後増加する見通しです。
クレジットカードで支払いが行われると、必ず毎月支払いをしてもらえます。
振込だと振込がされない、口座振替だと口座に残高が不足しているなどで、家賃が徴収できない事態が起こりやすいです。
しかしクレジットカードだと、クレジットカード会社から必ず支払いをしてもらえます。
家賃を回収しやすくなるので、クレジットカードを使えるようにしようといった感じになっているのです。
ただクレジットカードの手数料5%を、家賃に上乗せされる可能性はあります。
クレジットカードが使えるようになったら、前より家賃が上がった…となるケースもあると考えられます。

家賃をクレジットカードで支払いができるようになるだけでも、ポイントがたまりやすいと感じられる可能性があります。
クレジットカードを利用する方からしてみれば、早くどこでもクレジットカードで家賃が支払えるようになるとありがたいですね。

電車の乗車でも

電車の乗車券も、クレジットカードで購入することができます。
JRの普通乗車券は、みどりの窓口で購入しクレジットカードで支払いをしましょう。
これでクレジットカードでの支払いが完了です。
クレジットカードで支払いをすれば、ポイントもちゃんと獲得できます。
乗車券は100円代の金額もありますが、これでもクレジットカードで支払えます。
クレジットカードが使えるのは、○○円以上という決まりはありません。
クレジットカードは使えばポイントを貯められますので、少額でもクレジットカード決済をするのがおすすめです。
もちろん定期券や回数券など、高額になる乗車券もクレジットカードでの支払いがおすすめですよ。

特急券であれば、券売機でもクレジットカードで支払いができます。
わざわざみどりの窓口に並ばなくても済みます。
カンタンに購入できますね。

JR東日本では、以前はビューカードしか利用することができませんでした。
そのためJRの特急券などは、クレジットカードが使えないというイメージがあったようです。
しかし現在はどのクレジットカードでも、利用できるようになっています。
どのクレジットカードでも、ポイントをためることができます。
JR東日本だけでなくJR東海やJR北海道などでも、クレジットカードは利用できます。

少額の乗車券をいちいちクレジットカードで購入するのは面倒くさい…という方もいるでしょう。
クレジットカードのポイントたまるとしても、みどりの窓口に購入しに行くのは手間がかかります。
そこでおすすめとなるのが、Suicaなどの交通系電子マネーの利用です。
Suicaのチャージをクレジットカードで行うことで、クレジットカードのポイントをためることができます。
Suicaのチャージでポイント還元率が高いクレジットカードを使えば、電車の乗車でもどんどんポイントをためることができるでしょう。

現在は鉄道系のクレジットカードも、多く発行されています。
代表的なのがJR東日本が発行するビューカードです。
Suicaのチャージや定期券など、JR東日本の商品購入時は1.5%のポイント還元率となります。
JR東日本を利用する人にとっては、ポイントがたまりやすいクレジットカードでしょう。
そのほか東急カード、小田急カードなどがあり、電車でお得になるサービスが付帯しています。
PASMOチャージなどでお得になるなど乗車でもポイントをためやすくなっていますので、よく利用する沿線でお得になるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。