ここでもたまる!クレジットカードポイント2

高速道路の料金所でも

高速道路の料金は、ETCカードで支払う方が多いかと思います。
ETCカードを利用すると、走行料金が割引されお得です。
今では高速道路を走行する約8割が、ETCカードを利用しているのだそうです。
ETCカードは、かなり普及していると言えますね。

ETCカードを使うと、クレジットカードのポイントをためることができます。
ETCカードはクレジットカードで、追加発行をします。
利用をすると発行したクレジットカードの利用料金に加算され、ポイント付与の対象となります。
高速道路の走行が多い人は、クレジットカードのポイントをためやすいことににもなります。

「ETCカードを使えばクレジットカードポイントがたまるなんて知ってるよ!」という人もいるかもしれません。
しかしETCカードを使わなくても、高速道路でクレジットカードのポイントをためることはできます。
実は高速道路の料金所でも、クレジットカード支払いができるのです。
ETCカードを持っていない、車にETC車載器が搭載されていないといったときは、料金所を利用しなければなりません。
料金所は現金でしか支払えないと思っている人が多いようですが、クレジットカードでの支払いが可能となっています。
クレジットカードで支払いをすれば、現金の受け渡しをしなくても良くなります。
車の中で小銭を探すこともないですし、スムーズに料金を支払うことができるでしょう。
ポイントもたまりますし、料金所でクレジットカードを使うのはおすすめです。

ただ料金所でクレジットカードを使うと、サインをするのが面倒…と感じるでしょう。
サインをすると時間がかかるので、クレジットカードを使いたくないという声もあります。
高速道路の料金所では、クレジットカードはサインレスでOKとなっています。
クレジットカードを出せば、サインをすることもないし、暗証番号を入力することもないのです。
これならスピーディーに支払いを済ませることができますね。

高速道路の料金所でもクレジットカードは使えますが、やっぱりおすすめはETCカードの利用です。
ETCレーンはノンストップで良いので、時間のロスがありません。
クレジットカードを持っているなら、ETCカードを発行しておくと良いでしょう。
自分の車に車載器がなくても、レンタカーなどでETCカードを使う機会があるかもしれません。
ETCカードだと割引がありますし、クレジットカードのポイントもためられるので、ダブルでお得です。

代金引換でも

インターネットショッピングで、便利なのはクレジットカード決済です。
クレジットカードのポイントもたまりますし、おすすめの決済方法です。
しかしンターネットショッピングをしたときに、代金引換で支払いをするケースもあるでしょう。
インターネットのショッピングサイトは、たくさんあります。
初めて使うサイトなんかだと、先払いをするのは不安ですよね。
代金を支払ったのに商品が届かなかったらどうしよう?!というとき、代金引換は便利です。
商品と料金の引換なら、商品が届かない!となる心配はありません。
それに店舗や商品によっては、代金引換しか利用できない…といったこともあります。

代金引換でもクレジットカードが使えることを、知っている人は多くないようです。
代金引換は現金支払いだけ…と思っている人が多いんですよね。
しかし代金引換でも、クレジットカードは使うことができます。
クレジットカードのポイントもたまりますので、現金支払いよりお得になるでしょう。
ちなみに電子マネーやデビットカードなども、利用が可能となっています。

代金引換はクロネコや佐川のドライバーさんに、クレジットカードを渡せばOKです。
普通にお店でクレジットカードを使うのと同じです。
ドライバーさんが持っている端末で操作をすれば、決済が完了します。

便利なのは代金引換でも、クレジットカードの支払方法が選べることです。
一括、リボ、分割など、支払い方法を選択できるのです。
現金だと一括でしか支払うことができないので、高額な買い物なんかだとキツイことがありますよね。
現金が足りなくて困る…なんてこともあるかもしれません。
支払い方法が選択できれば、無理のない支払いをすることができます。

またドライバーさんが、お釣りを持っていない…なんてこともあります。
代金をちょっきり出せると良いですが、用意できないと支払う方もドライバーさんも困ってしまいますよね。
クレジットカードで支払いをすれば、そんなことは起こりません。
現金の受け渡しをする必要がありませんから、ドライバーさんの負担も減るでしょう。

ただすべての代金引換で、クレジットカードが使えるわけではありません。
クレジットカード決済ができる店舗でのみ、クレジットカードを使うことができます。
代金引換でクレジットカードが使えるかは、利用したお店による…ということになりますね。
クレジットカード決済に対応している店舗であれば、代金引換でもクレジットカードが使えることが多いようです。

キャバクラや風俗店でも

スナックやキャバクラなど、夜のお店でもクレジットカードが使えることがあります。
風俗店などでも、クレジットカードがOKのところがあります。
こういったお店は、支払い額が高額になりがちです。
1晩で何万円、何十万円も使う…といったこともあるでしょう。
クレジットカードが使えると、現金がなくても支払いをできます。
クレジットカードのポイントもたまりますので、現金で支払いをするよりお得です。
クレジットカードが使えるなら…と、利用をしてしまうこともあるかもしれません。

ただこういった夜のお店では、クレジットカードを使うのはあまりおすすめしません。
クレジットカードは使わないとポイントがたまりません。
使えるところで使わないなんて、ポイントを取り損ねてしまうことになるのでは?と思いますね。

夜のお店でクレジットカードを使うのは、非常にリスクが高い現状があります。

実際にあったトラブル

・クレジットカードを不正使用された
クレジットカードの名義人や番号などを読み取り、不正使用されるケースがあります。
身に覚えのない利用が続いておりおかしいなと思ったら、あの店で使ったせい?!ということがあるのです。
支払いのときにクレジットカードを別室に持って行ったりするお店は、確実にあやしいです。

・クレジットカードをスキミングされた
コートやジャケットを、お店に預けることがあります。
そのときに財布が入ったまま、あずけてしまうことがあるんですよね。
財布に入っているクレジットカードを抜き取り情報を読み取り、クレジットカードを元に戻しておくという手口を取られることがあるので注意をしましょう。

・手数料を上乗せされた
本来加盟店が支払う手数料を、顧客に支払わせることがあります。
断ると怖い人が出てきて、無理やり支払わせるということも。
危険な目にはあいたくないですから、しぶしぶ手数料を支払ってしまう人が多いです。

こういったトラブルが起こりやすいですので、ポイントがたまってもクレジットカードを使うのはおすすめではないのです。
ポイントがたまったとしても、こわい思いをしたり損をしたりしてしまうわけですね。
風俗店などでのトラブルは、恥ずかしいので警察やクレジットカード会社に相談ができない…というケースも多いようです。
泣き寝入りをしてしまうと、不正使用分も自分で支払わなければなりません。
ポイントはためたいところですが、危険性が高いところではクレジットカードは使わない方が良いでしょう。

車の購入代金にも

車の購入代金に、クレジットカードを使えることがあります。
新車なら100万円は軽くしますから、クレジットカードが使えるとポイントをがっつりためることができます。

ただクレジットカードを使うことはできるのですが、一括で全額支払う…ということは難しいです。
クレジットカードは一般クラスだと、利用限度額が100万円程度しかありません。
新車を一括で支払うには、利用限度額が足りなくなってしまいます。
また販売店でも、クレジットカードの利用は30万円までといった制限を設けています。
頭金として30万円クレジットカードで支払いができますが、残りはオートローンなどで支払ってねという感じなのです。
クレジットカードで支払ってポイントを一気に貯める…というのは、現実味がない話なのです。

ただ輸入車では、クレジットカード支払ができる場合もあります。
JCBカードはアウディ、フォード、BMWなどの輸入車ディーラーでは、クレジットカード支払ができるようになっています。
輸入車を購入するのは上流会員となるので、支払いができなくなるといったリスクは少ないです。
クレジットカードを使ってもらった方が利益につながるので、輸入車ならOKというスタンスをとっているようです。
輸入車の購入時は、JCBカードのポイントを一気にためられるでしょう。

また中古車販売店では、クレジットカードでの支払いができることもあります。
中古車ですと新車よりは金額が少ないため、クレジットカードでの支払いもしやすいということなのでしょう。
販売店により対応は異なりますので、購入時に確認が必要です。

新車販売でクレジットカードが使えないのは、加盟店はクレジットカード会社に多くの手数料を支払わなければならないためです。
5%の手数料でも、200万円なら10万円も手数料を支払うことになります。
販売店にとっては、大きな負担になってしまいますね。
そのため一括で支払うなら現金、分割で支払うならオートローンということになるのです。

新車ディーラーでも車検やタイヤの購入時などは、クレジットカードを使うことができます。
クレジットカードが使えないのは、車両販売時の代金のみということが多いでしょう。
車は持っているだけでお金がかかります。
車検をすると、1回何万円もかかってしまいますね。
クレジットカードを使えば、ポイントをたくさんためられるのでお得です。
ディーラーでもクレジットカードを使い、ポイントをためましょう。

冠婚葬祭でも

結婚式はおめでたいのですが、お金がかかるのが悩みです。
婚約指輪、結婚指輪、披露宴、結婚式、新婚旅行などでかかる費用は、平均で400万円〜500万円もかかるのだとか。
結構な支出ですよね。

結婚式の費用も、クレジットカードで支払うことが可能です。
たくさんの費用を支払うほど、ポイントを貯めることができてお得になります。
ただ何百万円にもなる結婚式代を支払おうとしていも、クレジットカードの利用限度額が足りない…となってしまうことが多いでしょう。
ダイナースクラブなど利用限度額に一律の制限がないクレジットカードもありますが、一般クラスのクレジットカードだと上限は100万円ほどになります。
結婚式費用を支払いには限度額が足りないことが多いと思わわれます。

そのときはクレジットカード会社に、利用限度額の引き上げを依頼してみましょう、
○月○日の結婚式の費用を支払いたいと伝えれば、一時的に利用限度額を引き上げてくれることがあります。
クレジットカード会社もたくさん使ってくれれば儲かりますから、返済能力がある会員なら引き上げに応じてもらえると思われます。
普段返済が遅れるなどの問題を起こさず使っているクレジットカードなら、すんなり引き上げてくれることが多いようですね。
結婚式の費用を支払うことができれば、ポイントを一気に獲得できるでしょう。

新居に必要なものを買いそろえるにも、クレジットカードを使うのがおすすめです。
クレジットカードで支払いをして、ポイントを貯めましょう。

クレジットカードは結婚式だけでなく、葬式の費用にも使うことができます。
以前は葬式は現金払いじゃないとダメなんて言われてきましたが、時代は変わっているんですね。
急にお葬式をやっても、現金が足りない…ということは少なくありません。
こじんまりとしたお葬式を行っても、30万円程度はかかるのが普通です。
今支払いをするのが大変でも、クレジットカードなら後払いができますので非常に助かります。
一括、分割、リボなど支払い方法も選択できますので、都合に合わせての支払いができるのもメリットです。
またポイントも貯めることができますので、クレジットカードを使った方がお得になります。

結婚式場はクレジットカードに対応していることが多いですが、葬儀会社はまだクレジットカードに対応していないところもあるようです。
利用をする前にクレジットカードが利用できるか、確認をしておいた方が良いでしょう。