クレジットカードとポイントに関する基礎知識

クレジットカードでポイントがもらえる仕組み

クレジットカードはポイントがたまるのでお得です。
使えば使うほどポイントがたまるので、クレジットカードを意識的に使っている方も多いです。

クレジットカードのポイントは、どこから来ているか気になったことはありませんか?
ポイントを付与することで、クレジットカード会社は損をしないのか?なんて他人事ながら心配になったりします。
実はポイント付与をしても、クレジットカード会社は損をしないシステムになっているのです。

クレジットカードで買い物をすると、加盟店はクレジットカード会社に手数料を支払うシステムになっています。
購入金額の何パーセントかを、クレジットカード会社に支払います。
この手数料の一部を、クレジットカード会社はポイントとして会員に還元をしています。
なのでクレジットカード会社はポイント付与をしても、損をすることはないのです。

ただこのシステムだと、加盟店が損をするような気がしますよね。
現金で支払ってもらえれば、手数料を支払う必要はありません。
クレジットカードを使われたおかげで、売り上げの一部をクレジットカード会社に取られてしまうことになるのです。
それならクレジットカードの加盟店にならない方が、売上が上がるような気がします。

しかしクレジットカード会社に手数料を支払っても、加盟店は利益が上がるとされています。
クレジットカードを使えることにより、顧客が多くなり、購入代金が高くなるからです。
クレジットカードが使えないと、今ある現金分しか購入することはできません。
高額なものを購入しようと思っても、あきらめるしかありませんね。
クレジットカードがあれば、現金を持っていなくても高額商品を購入することができます。
分割やリボ払いも利用できますので、自分に合った支払い方法も使えます。
またクレジットカードが使えないなら、他の店舗に行こう…と思われることもあります。
クレジットカードのポイントを貯めたい人は、意識をしてクレジットカードを使える店舗を利用します。
クレジットカードが使えないことにより、こういった顧客を逃してしまうことになるのです。
それなら手数料は取られても、クレジットカードが使えた方が利益があがるんですね。

クレジットカードを使うとポイントがたまるので会員はお得です。
加盟店は売上が上がり、クレジットカード会社は手数料が入り利益が上がる。
クレジットカードを積極的に使うと、みんなが嬉しいことになるのです。

クレジットカードのポイントを貯める方法

クレジットカードのポイントは、できるだけたくさん貯めたいものです。
でもなかなかポイントがたまらないんだよね〜、なんて人も少なくはないでしょう。
クレジットカードの使い方をちょっと変えるだけで、ポイントはたまりやすくなるもです。
今よりもっとポイントを貯める方法を教えちゃいますね。

・クレジットカードを使う
ポイントをもらうには、クレジットカードを使わないと始まりません。
クレジットカードを積極的に使うようにしましょう。
普段は現金で支払っているものも、クレジットカードで支払えないか確認してみてください。
もしかしたらクレジットカードが使えるかもしれません。
クレジットカードが使えれば、ポイントを貯めるチャンスです。
少額でもクレジットカードを使うのがおすすめです。
「100円だから現金でいいや」とは思わないようにしてください。

ポイントがたまりやすいクレジットカードを使う
クレジットカードのポイント還元率は、それぞれに異なります。
ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶことで、ポイントを貯めやすくなります。
ポイント還元率が高いクレジットカードを、積極的に使うようにしましょう。

・家族でためる
クレジットカードは、家族カードを発行することができます。
家族カードで獲得したポイントは、本カードのポイントに合算されます。
家族カードを使うことで、家族でポイントを貯めることができるのです。
家族カードは本カード会員の親、子、配偶者などに発行できます。
ただクレジットカードの中には、家族カードが用意されていないものもありますので注意してください。

・メインのクレジットカードでためる
クレジットカードを何枚も使っていると、ポイントが分散してしまいます。
どのクレジットカードもあまりポイントがたまらない…となってしまうでしょう。
メインのクレジットカードを決めて、それを集中的に使うのがおすすめです。
ポイントも集中してたまるようになるので、「ポイントがたまりやすい」と感じられるようになるはずです。

・リボ払いを使う
リボ払いに指定すると、ポイント還元率が上がるクレジットカードがあります。
リボ払いを意識的に使うことで、よりポイントを貯めることができるのです。
ただリボ払いは、支払い時に手数料が必要になるので注意をしましょう。
ポイントがたまっても、リボ手数料の方が高額になる…というのは、お得とは言えません。
無理にリボ払いに指定せずに、リボで支払いたいときだけで良いでしょう。

ポイント還元率が高いクレジットカードとは

「ポイントを貯めたいなら、ポイント還元率が高いクレジットカードを使え!」と言われています。
ポイント還元率が高いって、いったいどういうことなの?と思っている方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードのポイントのたまり方は、それぞれによります。
還元率もさまざまなのですが、だいたい0.5%〜1.5%となっています。
以前は1.75%〜2.0%のクレジットカードもあったのですが、現在は還元率が引き下げられたり新規発行停止となったりしたため、1.5%あれば最高水準と思って良いでしょう。
還元率が高いクレジットカードとなるのは、1.0%以上になるものです。
それ以下は還元率が低くポイントがたまりにくいとされています。

ただポイント還元率って、パッと見ではわかりにくいんですよね。
100円に1ポイント付与とか1,000円に1ポイント付与とか言われても、還元率が何パーセントなのかよくわかりません。
ポイント還元率を知るには、まず1ポイントが何円相当なのかを調べます。
クレジットカードのポイントは、1ポイントの価値が1円相当とは限りません。
1ポイントが約3円相当、約5円相当…といった、クレジットカードもあるのです。
1ポイントの価値がわかったら、いくらの利用で付与されるのかを確認しましょう。

1,000円に5円相当のポイントが1ポイント付与されれば、還元率は0.5%ということになります。
1,000円に1円相当のポイントが5ポイント付与されれば、還元率は0.5%ということになります。
比べると1,000円に5ポイントの方付与のクレジットカードの方がお得なような気がしますが、還元率は同率となるのでお得度は同じになるのです。
また200円に1円相当のポイントが1ポイント付与されるクレジットカードも、還元率は0.5%となりますね。

還元率が高いのは、以下のようなクレジットカードです。

・還元率1.5%
REXカード、漢方スタイルクラブカード、DCカードジザイル、エクストリームカードなど。

・還元率1.2%〜
REXカードLite(1.25%)、リクルートカード(1.2%)など。

・還元率1.0%
楽天カード、Yahoo!JAPANカード、オリコカード・ザ・ポイント、JCB EIT、ビックカメラSuicaカード、dカードなど。

ポイントをより貯めたいのであれば、こういったポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

クレジットカードポイントには有効期限がある

クレジットカードのポイントで、注意をしたいのは有効期限です。

・有効期限はどのくらい?
クレジットカードポイントの有効期限は、2年間とするものが多いです。
ただクレジットカードによっては1年間だったり、最長5年という場合も。
クレジットカードによって異なりますので、確認をしておきましょう。

・有効期限がないポイントもある
昔はクレジットカードポイントは、有効期限がないものもあります。
有効期限がないポイントは、ずっと貯め続けることが可能です。
また近年増えているのは、実質有効期限なしのクレジットカードポイントです。
「最後にポイントを獲得した月から1年間」という場合は、年に1度でもポイントを獲得していれば実質年会費無料ということになります。
楽天スーパーポイント、Tポイントなど、共通ポイントがたまるクレジットカードに良く見られます。

・有効期限が切れたらどうなる?
有効期限が切れたポイントは、自動的に失効してしまいます。
一度失効となると、復活することはありません。
せっかくポイントをためたのに、捨ててしまうことになるのです。
有効期限切れを起こしてしまうと、ポイント還元率が高いクレジットカードを使ったり、ポイントを貯めようとクレジットカードをたくさん使うといった努力が無駄となります。
ポイントの有効期限には、注意をしてクレジットカードを使うようにしましょう。

・解約時にも注意
クレジットカードを解約してしまうと、これまで貯めたポイントは失効してしまいます。
有効期限内であっても、解約をするとポイントはなくなるのです。
クレジットカードを解約するときは、ポイントを使いきってからにすると良いでしょう。
気にせずに解約をしてしまい、たくさんのポイントを無駄にしてしまう…なんてことがないようにしてください。

ポイント有効期限がないクレジットカード

・セゾンカード
セゾンカードでたまる永久不滅ポイントは、有効期限がありません。
セゾンカード会員である間は、ずっとポイントを貯め続けられます。
ポイント失効が心配な方には、おすすめのクレジットカードです。

・楽天カード
楽天カードでたまる楽天スーパーポイントは、年に1度でもポイントを獲得すれば実質有効期限なしとなります。
定期的に使っていれば、ポイント失効をすることはありません。

・Yahoo!JAPANカード
Yahoo!JAPANカードではTポイントがたまりますが、こちらも年に1度でもポイント獲得することで実質有効期限なしで使えます。

ポイント交換先も確認しよう

クレジットカードのポイント、何に使おうかな〜とワクワクしますよね。
ただクレジットカードによって、ポイントの交換先は異なります。
ポイントを使いたいけれど、使いたいものがないんだけど?!とならないようにしましょう。
クレジットカードのポイントは何に交換できるのか、何に使えるのかを確認しておきましょう。

クレジットカードポイントの交換先

・家電などの商品
人気の家電やギフト用品、各地の名産品などと交換ができます。
買うまではないけれど気になる…といったような商品を、クレジットカードポイントで交換するのもおすすめです。
ただ家電などの商品は、あまりお得度はないといわれています。
最近はこういった商品との交換ができないクレジットカードも増えてきています。

・ギフト券
デパート共通商品券、ジェフグルメカード、図書カードなどの金券と交換することができます。
現金と同じように使うことができるので、人気の交換先でもあります。

・キャッシュバック
キャッシュバックには2種類があります。
ひとつはたまったポイント数だけ、現金がキャッシュバックされる方式です。
口座にお金が振り込まれるので、お得度が高いです。
もうひとつはクレジットカードの請求額が値引きとなるシステムです。
キャッシュバック分でクレジットカードの利用金額が値引きされることになります。

・共通ポイントや電子マネー
Tポイント、Ponta、楽天スーパーポイントといった共通ポイントや、Suica、nanaco、WAONといった電子マネーに交換できます。
近年人気がある、クレジットカードのポイント交換先です。

・航空マイル
JALマイルやANAマイルとして使うことができます。
マイルに交換すると、通常よりも交換レートが低くなることが多いようです。
1.0%の還元率でも、マイルに交換すると0.5%の還元率になる…といった感じです。

・現金かわりに使える
ポイント交換をせずに、そのまま使えるクレジットカードポイントです。
ショッピング時に現金代わりに使えるので、使い勝手が良いでしょう。
支払い金額の端数をポイントで支払う…なんてこともできます。

昔からあるクレジットカードは、いろいろなものにポイントを交換できるようになっています。
しかしたくさんの交換商品を用意するのは、コストがかかります。
コストカットをして還元率を高くするために、ポイント交換先を限定するクレジットカードが多くなっているようです。